骨粗しょう症|歯科医療を通じて熊本市の皆様に貢献していきます。

うとデンタルクリニック

アクセス

0963267222

診療時間

院長ブログ

骨粗しょう症

院長ブログ 2016年08月21日

8月18日 木曜日 20時から熊本国立病院にて、

骨粗しょう症の患者さんの歯科治療について

九州歯科大学の冨永和弘教授の講演会に参加してきました。

 

骨粗しょう症は、転倒などで骨折しやすくなります。

高齢者での骨折は、場合によっては寝たきりを招くこともあり、

健康的に長生きするためには、骨折予防は非常に大切なことです。

骨折予防のためには飲み薬(ビスホスホネート製剤)での治療が有効です。

しかし、その薬の服用中に抜歯などすると、顎の骨が部分的に壊死してしまう場合があります。

その予防と対策を御教授して頂きました。

DSC00185

 

1番重要なことは、骨粗しょう症の治療の前に、

歯周病などの歯科治療を受けてお口の中をきれいにしておきましょうということでした。

 

「歯医者さんでの治療・メインテナンスでお口の中をきれいにして、骨粗しょう症を予防して

健康で長生きしましょう。」

 

DSC00210

 

処方医の先生・薬剤師から、骨粗しょう症の薬を飲む前に、

必ず、抜歯などが必要な方には投与前に済ませるように指示がありますので、

骨粗しょう症の主治医の先生の指示に従って歯科治療を受けてください。

ページトップへ

ご予約お問い合せは

営業時間